no-image

ふるさと納税はいつから受付その条件はあるのかなどについて

返礼品が魅力的だということで注目を集めているふるさと納税。
さまざまな目的から選ぶこともできますので、自らの希望に沿った寄付の形を実現していただけます。
そんなふるさと納税ですが、いったいいつから申し込みをすることができるのでしょうか。

受付期間はあるのかについて

「納税」という言葉から、期間が限定的になっているのではないか?と認識している方も多いかもしれません。
基本的に控除という点に注目をしていただくことによってその期間もわかりやすくなることでしょう。

控除対象と受付期間について

簡単にいえば、ふるさと納税はいつでも寄付を行うことができます。
1月1日から12月31日までの1年間のうちに寄付を行った分が翌年の控除対象となります。
この点を抑えておくと納めていただきやすいことでしょう。

ふるさと納税の回数について

返礼品が魅力的であるということから、複数回行いたいという方もおいでかと思います。
さて、この回数ですが自治体によって異なってきます。
上限回数や制限が設けられていることもありますので、詳細を必ずご確認いただくのが良いでしょう。

返礼品と寄付について

複数回納めたいという場合、その制限があるにもかかわらずそれを超えてしまっていた場合についても見ておきましょう。
上限回数を超えた分におきましては、返礼品は届きません。
寄付金におきましては純粋な寄付とみなされ自治体に収められることとなります。
返礼品は不要だなどという方はそういった選択肢も良いかと思いますが、それを目的としている方は注意しておきましょう。

上記の確認方法ですが、各ふるさと納税サイトもしくは自治体に問い合わせを行っていただくのが確実でしょう。

ふるさと納税の期間などについてのまとめ

ふるさと納税はいつでも受け付けておりますが、控除に対する認識さらにはその上限回数などについて把握しておくことが大切であるということがお分かりいただけたのではないでしょうか。
これから始めたいという方はぜひとも抑えていただきたいポイントでもあります。