no-image

ふるさと納税は必ず確定申告が必要なのかについて考える

今ではその人気も高くなり認知度も高くなっているふるさと納税。
これから始めてみたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
行う前に知っておきたいことはいくつかあるのですが、ふるさと納税を行った場合の確定申告についてここでは見ていくことにしましょう。

必ず確定申告は必要なのかについて

ふるさと納税を収めた場合、確定申告は必ず必要なのでしょうか。
答えからいえば、ふるさと納税を行ったからといって必ず必要というわけではありません。
確定申告が必須もしくはした方が良いと判断されるケースさらには必要ないケースがあるのです。

確定申告が必要ないケース

必要ないケースは「ワンストップ特例制度」を利用する場合には必要がありません。
ワンストップ特例制度は個人で確定申告を行う必要がないのです。

確定申告が必要なケース

納め莉べき税金が納めた額に対して不足しているという場合には必要となります。
さらに、した方が良いケースとしましては医療費控除・住宅ローン控除などといった還付申告の対象となる方は行った方が良いともされています。

確定申告を行うとどうなるのか

では、確定申告を行うとどうなるのでしょうか。
簡単に言えば、寄付金に応じた還付もしくは控除が行われるのです。
原則として、ふるさと納税を確定申告をした際に、寄付金から2000円を差し引いた金額となっています。
仮に20000円を寄付したという場合には、18000円が完封所されるというわけです。
所得などにより上限額がありますのでこの点は抑えておきましょう。
金額は一度に戻ってくるわけではありません。
振込実施は確定申告の1から2か月前後を目安としていただきたいと思います。

ふるさと納税と確定申告に関するまとめ

今回は、ふるさと納税の中でも「確定申告」という点に着目をしてみていきました。
必要ない・行った方が良い・必須であるケースを把握しておくと、安心したふるさと納税を行っていただけるかと思います。
控除シュミレーションなどサイトに用意されていることもありますので、それらを上手に取り入れていきましょう。