no-image

ふるさと納税のデメリットとなりうる要素はあるものなのかについて

寄付をすることで返礼品がもらえて控除も受けられる。
そんなふるさと納税。魅力的でありメリットも確かに大きいシステムともいえるでしょう。
しかし、そればかりではなくデメリットなりうる部分も存在はしています。
そこで今回はそのような要素について触れていくことにしましょう。

節税のためにと考えている方へ

節税のためにふるさと納税を。
そう考えている方はご注意いただきたいと思います。
確かに、寄付とそれに伴う所得税や住民税の控除という形をとっています。
しかし節税という意味ではメリットはないといえるのです。

ふるさと納税について改めて知る

ふるさと納税とは、簡単に言えば実質的に住民税を移転するようなものです。
税金が安くなるというわけではないのです。
自己負担金の2000円がマイナスされるという形であり、その分で地域の特産品を買ったと考えるとプラスになります。
「税金」という意味合いでは直接的なマイナス要素は少ないわけです。

還元率についても考えてみよう

好きな土地の好きなものを返礼品として受け取れるのですから、あまり還元率までは考える方は少ないかもしれません。
還元率というもののみで考えていくと、高級すぎると判断されたものは自粛するように総務省が自治体へ通達を行っていますので、以前と比較をすると低くなっている問わざるを得ません。
ただ、この要請において注目を集めることばかりを目指すのではなく、本来のふるさと納税の理念に立ち返ることができたとも考えられるのではないでしょうか。

大切なのはメリットとデメリットを考えること

デメリットはいくつかあるものの、考え方などによってはそうは感じないという方も少なくないでしょう。
大切なのは双方の面を知ったうえで納得して寄付を行うということなのです。

ふるさと納税のデメリットとなりうる事柄についてのまとめ

今回はデメリットというところからふるさと納税を見ていきましたが、大きなマイナス因子というものはまずないといっても過言ではないでしょうか。
不満な点を残さないためにもこれら知識を持っておくのが良いかと思います。